本文 編集 履歴 ソース 差分 最近の更新 VikiWikiとは

VikiWiki - ContentManagementSystem

CMS(content management system:コンテンツ管理システム)とは、

もっと気軽にWebページを更新しよう!

というものです。

VikiWikiはWikiのしくみを利用して(導入は多少メンドウでも) 日々更新されるコンテンツ作りを応援します。

しくみは簡単で、Wikiで作成したHTMLを静的HTMLで保存する、というものです。 でも、これは他のWikiでは簡単には真似できないしくみなのです。 以下のようなことができなければなりません。

  1. Wikiであること隠せること

    Wikiを使って生成したページであることがばれると、 「Wiki思想の違反者」 のレッテルを貼られてしまいます。

    というのは冗談ですが、やはりページの下部にGenerated By ~Wikiって 出て欲しくないものです。

  2. 動的なページ、つまりWikiの存在がわからないこと

    あくまでもWikiの仕組みは更新用であり、他の人には見せないようにするものです。 単にアクセスしてもAuthorization Requiredではじかれる、 なんてダサダサのつくりはいけません。

    リンクをクリックしたら動的Wikiにジャンプした、なんてことは論外です。

  3. 静的HTMLのリンクが相対的であること

    リンクが動的Wikiだったり絶対パスだったりすれば作り手はとっても楽なのですが、 生成されている静的HTMLをまとめて固めて他のサイトに持っていったり、 自分のところにコピーしたりできる、 そういうポータビリティが必要なんです。 だから、生成するHTMLは相対パスでなければならないのです。

    例えば、何かのソフトのマニュアルサイトをWikiで作成した場合、 マニュアルサイトをごっそりダウンロードできたらすばらしいと思いませんか? ダウンロード用にバイナリファイルを設置しておく必要はないのです。

これがVikiWiki流のCMS的利用です。