本文 編集 履歴 ソース 差分 最近の更新 VikiWikiとは

VikiWiki - DirectEdit

DirectEditとは

通常のWikiではWebブラウザのtextareaを使用して内容を編集しますが、 DirectEditではWikiページをエディタで開いて直接編集します。 OSやブラウザに非常に依存する機能ですので、閉じた環境に向いています。

どういう仕組みか

Wikiに必ずある編集のリンクをクリックしたときにWikiのページが保存してある 実ファイルを開くようにしています。 Webブラウザの中にはローカルファイルやネットワーク上の共有ファイルを file://~で始まるリンクで直接開けるものがあります。 この機能を使用して直接編集するのです。

直接編集するメリット

textareaに比べエディタでの編集はとても簡単です。 ページがかなり膨大になってきて編集不可能と思ったページもエディタで開くと 意外に小さいことに驚きます。

直接編集するデメリット

CGIによる更新でないので履歴が取れない、 更新の衝突を防ぐのが難しいなどがあります。 あたりまえですが、Webサーバを経由しないのでInternetでは使えません。 あと、メリットあげた編集が簡単であることが逆に 巨大なページを作成してしまう問題を引き起こします。

可能な環境

以下は確認が取れている環境です。

ブラウザ

クライアント

ファイルサーバのOS