本文 編集 履歴 ソース 差分 最近の更新 VikiWikiとは

VikiWiki - パブリッシャーって、作者語る

Wikiとは一般利用者にはわからさせず、管理者(編集者)はWikiを使って動的にページを更新する。 そんな機能がほしいと思っていたのもVikiWikiを作った理由のひとつ。 もし、Wikiをイントラで導入して全従業員で編集なんてことはきっとできないだろう。 一般人はHTMLを好むだろうし、Wikiを使って動的にページを書き換えていきたいのは管理者だけだと思う。 そして読む側にはWikiっぽさを見せない工夫も必要と思う。 編集に必要なTopBar?SideBarなんかはユーザビリティの低下になるし消しておかないとだめでしょう。

こんな要件を満たして設計したのが静的HTMLのパブリッシャー機能。 静的HTMLはWiki更新→即反映で、出力するフォーマットは動的ページと別にできるし、 管理者はWikiを使って編集すればいい、というつくりになっている。 例えば、このサイトで静的HTML側に訪れた人はここがWikiで運営されているということを 知ることはない。

と思ったら、タイトルに“VikiWiki - ページ”だってさ。モロバレ(笑)