本文 編集 履歴 ソース 差分 最近の更新 VikiWikiとは

VikiWiki - RDLikeWikiStyleHelpPage


RDLikeWikiStyleHelpPage


RD もどきスタイル (RDLikeWikiStyle) は、 VikiWikiStyle をベースとして、 RD 風のスタイルの記述が出来るようにした WikiStyle です。


簡単な書式例


見出し <H2>

見出し <H3>

見出し <H4>

見出し <H5>
見出し <H6>
= 見出し <H2>
== 見出し <H3>
=== 見出し <H4>
==== 見出し <H5>
+ 見出し <H6>

<HR> は VikiWikiStyle と同様、4個以上の "-" です↓。


<HR> は VikiWikiStyle と同様、4個以上の "-" です↓。
----

<DIV> で括るのも、 VikiWikiStyle と同様。

<<<block
<DIV> で括るのも、 VikiWikiStyle と同様。
>>>
* 箇条書き <UL> で、
* 使用できるのは
  * '*' だけであり、
  * '-' は使えないことに、
* 注意して下さい。
  1. <OL> は、
  2. 括弧付の数字を用います。
    1. 入れ子にも
    2. 出来ます。
  3. ちなみに、番号は RD と同様、無視されます。
  4. どうか御了承下さい。
(1) <OL> は、
(2) 括弧付の数字を用います。
    (1) 入れ子にも
    (2) 出来ます。
(10) ちなみに、番号は RD と同様、無視されます。
(20) どうか御了承下さい。
一つ
<DL> の書式は、
二つ
<DT> は先頭に ':' にコロンを置いて、
三つ
<DD> を2個以上の空白のインデントを置いて、
四つ
記述します。
五つ
これも入れ子が可能です。
:一つ
  <DL> の書式は、
  :二つ
    <DT> は先頭に ':' にコロンを置いて、
  :三つ
    <DD> を2個以上の空白のインデントを置いて、
:四つ
  記述します。
:五つ
  これも入れ子が可能です。
String#chomp!
また、 <DT> の書式はその他にも
Array#shift
'-' 3個を先頭に置く方式も使えます。
Integer#succ
このように、 ruby の MethodList 風味の書き方が出来る訳ですね。
--- String#chomp!
  また、 <DT> の書式はその他にも
--- Array#shift
  '-' 3個を先頭に置く方式も使えます。
--- Integer#succ
  このように、 RD の MethodList 風味の書き方が出来る訳ですね。

<BLOCKQUOTE> も、 VikiWikiStyle と同様。

> <BLOCKQUOTE> も、 VikiWikiStyle と同様。
aaaaabbbbbccccc
def
aaaaabbbbbccccc
def

以上、<TABLE> でした。

|a|b|c|
|d | e | f|

||a||b||c||
||d || e || f||

以上、<TABLE> でした。

↑このコメントは目には見えませんが。

//コメントはこうして書け!
↑このコメントは目には見えませんが。

HTML を直接書くプラグイン。プラグインの書式も VikiWikiStyle と同じ。

#html <<EOHTML
<p>
HTML を直接書くプラグイン。プラグインの書式も VikiWikiStyle と同じ。
</p>
EOHTML

あ、そうそう、 WikiName はそのままでは認識しません → RDLikeWikiStyleHelpPage

必ずこうして下さい → RDLikeWikiStyleHelpPage

あ、そうそう、 WikiName はそのままでは認識しません → RDLikeWikiStyleHelpPage

必ずこうして下さい → ((<RDLikeWikiStyleHelpPage>))

リンクを別の表記にする場合はこうです → RD もどき

リンクを別の表記にする場合はこうです → ((<RD もどき|RDLikeWikiStyleHelpPage>))

外部のリンクの書き方 (RD の場合と少し違います。) → http://www.ruby-lang.org/, Ruby Webpage

外部のリンクの書き方 (RD の場合と少し違います。) → ((<URL::http://www.ruby-lang.org/>)), ((<Ruby Webpage|URL::http://www.ruby-lang.org/>))

画像の埋め込み方 → Image

画像の埋め込み方 → ((<Image|IMG::/img/henoheno.jpg>))

各種インラインの書式。

<EM>, <STRONG>, <TT>, <B>, <CODE>, <VAR>, <KBD>, ((*これらを抑制する場合はこうします。*)) これで、任意の span を記述できます。

各種インラインの書式。

((*<EM>*)), ((**<STRONG>**)), ((;<TT>;)), ((@<B>@)), (({<CODE>})),
((|<VAR>|)), ((%<KBD>%)), (('((*これらを抑制する場合はこうします。*))'))
@{green これで、任意の span を記述できます。}
最後に <PRE> は、
3個の "." を使います。
"-" を前に付けると、
soft verbatim になります。
  ...
  最後に <PRE> は、
  3個の "." を使います。
  ...

  -...
  "-" を前に付けると、
  ((**soft verbatim**)) になります。
  -...