本文 編集 履歴 ソース 差分 最近の更新 VikiWikiとは

VikiWiki - WikiWiKit

WikiWiKitとは

Wikiの機能を組み込むためのSDK(開発キット)です。

Wikiエンジンの以下のような機能をバラ売りしていこうと考えています。

最近流行りのコレクター本を真似て、 全部集めるとWikiエンジンができる ってのも笑えるけど流行らないよな、絶対。

当面はWikiパーサ&ジェネレータを開発していく予定です。 いつもどおりVikiWikiができたら 他のWikiスタイルもDOMに移行していきます。

WikiWiKitで何ができる?

Wiki記法の掲示板CGI

Wikiの記法を使った掲示板CGIを作ろうと考えたとき、 WikiWiKitを自分の掲示板CGIに取り込むだけで、 WikiテキストをパースしてHTMLを出力してくれるようになります。

簡易HTML生成ツール

Wiki記法はHTMLの簡易記法としても利用できます。 HTMLを作ってしまうと作成したエディタに依存してしまったり、 ソースが汚すぎて読めなかったり、差分すら取れなかったり、 メンテナンスが難しかったりとプレーンテキストのくせにやっかいなものです。 それに今はデザインとドキュメントを分離するのは常識となっています。

HTMLはあくまでも副産物として考え、Wikiテキストをメンテナンスし、 必要に応じてHTMLを生成するツールとして利用できます。

Wikiページから特定の要素の抜き出し

WikiテキストからDOMを作るので、各要素へのアクセスはDOMのAPIで実装できます。 溜まってきたWikiページから見出しの一覧を取り出すのに grepでもいいんですが あえてDOMを使ってアクセスする、というのもありでしょう。

Wikiはプレーンテキストのデータベースで流通性は意外といいのですが、 アクセス手法が確立していないので再利用性に欠けます。 DOMにしたことで、例えばここのサイトであればdiv要素のclassがkobitoを 収集することで、小人語録を生成したりできます。

+ジェネレータ

ジェネレータを用意することで、さらにデータの活用の可能性が広がります。

自作Wikiエンジン

いろんなWikiエンジンが部品をバラ売りにしてきたら、 それを組み合わせて自作Wikiエンジンなんてこともできるかもしれません。 あまり、意味はなさそうですが。